railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

GoToトラベル

レンズを買った話が書きたかったので先走りましたが、GoToトラベルキャンペーンを使って羽田にちょろっと遊びに行きました。

一応は都内に住んでいるので羽田はわざわざ泊まりで行くような場所ではありませんが、B’zが配信ライブを5週にわたってやっていて、それを友人と、ゆっくり出来る環境で鑑賞したくて、ツインルームを確保することにしたのでした。

予定組んでからいろいろと状況が変わったので催行は正直迷いましたが、移動も車だし人の多いところにはそんなに行ってないしで実行することにしました。

今回のB’zのライブは、今年新設された羽田イノベーションシティ内のZepp Hanedaで収録されていることが公表されています。

それを記念して、羽田イノベーションシティはB’zの装飾が施されています。
その様子も色々撮ってきているので、また追って…。

ライブが終わった翌朝、せっかくなので近くの穴守稲荷に行ってみました。

七五三やお宮参りをやっている家族連れもいましたが、連休の中日、日曜日の昼間とは思えないほどの人の入りでした。

駅名にもなっているほどではありますが、境内はそんなに広いわけではありません。

でも疎ら。
やはり少し寂しいですね。
そして鳥居にお辞儀する人と、二礼二拍手一礼をやってない人が多いのもちょっと寂しくなりましたw

手水舎も、柄杓ではなく流水を出すように工夫されていました。
流量は、閉め忘れた水道の蛇口にも満たない程度のものでしたがw

あ、口を清めるのを忘れたのを思い出したw

もっと南にある鳥居も見てくればよかったかな。

車に戻る途中、隣のブロックにあるマンションのような建物のど真ん中に鎮座している、航空シミュレーターを見つけました。

2000人を超える747のパイロットを育成したシミュレーターだそうです。

もとい、「シュミレーター」だそうですw

中に入ることはできませんでしたが、中には機材もちゃんと設置されているようです。
どうしてこんなところに…。

羽田・天空橋エリアは、運河で釣りをしている人たちがいたり、大田区的な町工場の雰囲気もあり、結構好きな雰囲気です。
イノベーションシティも本格オープンしたらまた違った活気になるでしょうし、楽しみですね。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén