railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

LA-EA5購入

買いました。
ソニー純正のマウントアダプター。

今回もフジヤカメラさんです。
本当にお世話になっております。

ソニー、ひいては旧ミノルタ時代のAマウントレンズを、ソニーのミラーレスEマウントに装着できるアダプターの最新版で、像面位相差AFに対応してレンズを駆動できるようになったモデルです。

前の世代のEA4ではペリクルミラーを搭載して、アダプター内で独自のAFを駆動させていました。

そもそもAマウントはカメラボディ内モーターでAFを駆動させる方式でスタートしたので、そのモーターも搭載していますが、EA4ではカメラボディのAF方式によらず、旧来機種と同等のAF駆動スピードだったものが、EA5になってボディ側のAF方式を頼るようになりました。

ミラーレスのAFもかなり信用できるレベルまで来ましたからね。
ある意味正常な進化といえるかもしれません。

で、LA-EA5だとレンズにモーターを搭載している機種だとほぼ全カメラでAFできるようなのですが、旧来のボディ内AFのレンズだと、α7R IVとα6600でしかAF駆動できないようなのです。

発売時点では。

私はLA-EA5の発表時点でそうなっていたのを承知で予約していましたが、結局発売までにα7SIIIでの全レンズAF駆動対応はかないませんでした。

手元にあるAマウントレンズは、ミノルタAF70-210mm F4のみ。
Aマウント初期も初期のレンズなので、当然モーターなぞ入っておりません。

今持っている機材では、絞りこそ電気的に制御できるようになったものの、AFが駆動しないのでなかなかのものがあります。

アダプターをフル活用できるようにするために、SSMかSAM搭載レンズの導入すら視野に入れています。

アダプターからレンズが生えます。

本当出たばっかりのカメラ、新機構搭載しているカメラでAFできるようになっていないの、ちょっとよく分からないんですよね。

結構駆動音がうるさいらしいので、動画に向かないと言われればその通りなのですが、そもそもSIIIとて動画専用のカメラではありませんし。

アップデートを気長に待ちたいと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén