railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

沼の話

交換レンズにハマって色々細かな違いを探求していくことを「レンズ沼にハマる」なんて言いますが、それ以外にも<沼>はあるよなぁと思っています。

うちで商材を仕込んだりなんだりしているときに、例えばアンブレラやソフトボックスでも多種多様で、物理的に使える・使えないはもちろん、面質が違う・色が違うであえてそのメーカーの製品を選んでいるというようなこともあるかと思います。

可能な限り、特にその2製品・アンブレラとソフトボックスの各メーカーの違いを比較できればなーと思っています。例えばアンブレラでもシャフトの径が7mmのものと8mmのものがあり、多くの海外製品が細い方・7mm径のものですが、国産、特にコメット製品は太い8mm径を採用しています。スタンドのダボの雌雄といいなんで日本製品は、海外のデファクトスタンダードの逆を行くんですかねぇ。スタンド・ダボについては径が17mmなのも、完全にRDSのせいだと思ってます。

会社にあるものをはじめ、余裕のある時に機材を買い集めたり、持っている人に借りたり等テストして比較する機会を持ちたいと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén