railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

CDのリサイクル

数年前まで、CDのついた握手券を大量に買い込むことを趣味にしていた時期がありました。

正確には、買い込んで握手をすることが趣味だったのですが、そのメンバーが握手会の実施免除になり、そのうちコロナが始まり、グループからも卒業したので、次の推しを作ることもなく、ただテレビなどで見るだけになったのですが。

さて残った大量のおまけのCD。どうしたものか、と思っていたときに、ネットでリサイクル資源として無料で受け入れてくれる業者を発見。

まぁブックオフ等で買い取ってもらえれば非常にありがたいのですが、大量に出回っているものにはなるのでどこも値段をつけてくれないか、ついても5円か10円ってとこで。

捨てるにしても、今住んでいる23区は可燃とプラを一緒に捨てられるので楽ですが、分別しなきゃいけないところになると非常に苦痛ですよねぇ。

そこで、ここに持ち込めば資源としてリサイクルしてくれるというので、いずれまとめて持って行こうと思っていました。

引っ越しが近いので、片付ける意味でもこのタイミングで全部送ってしまおうと準備しました。
幸い、祖父が切手コレクションを断捨離の一環で譲ってくれたので、ゆうパックで使えば実質負担はかからず発送できるな、というところもありました。

今日午後時間があったのでその発送を行ったのですが、3個口用意して持って行った切手が2000円弱。
持込割引等で1個あたり920円になったので、しめて2700円ちょっと。

郵便局でもキャッシュレス決済が導入されているので、d払いで差額を払おうとしたのですが、結論から言うとそれはできませんでした。

切手を数えてもらった後で、d払いをいったんキャンセルして、というのが非常に手間で局員さんに申し訳なかったな、と。

今考えれば、差額分の切手をd払いで買えば行けたんじゃないか、という気がしますが、まぁそもそも差額の計算をするのに端末を使うので、手間は手間ですね(汗

残念ながら、これで合計5個口分リサイクルには出せたのですが、まだあと1箱分くらいのおまけCDがあるので、また近いうちに準備しないと。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2022 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén