railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

#板橋と光学 見てきました

久方ぶりになってしまいました。

仕事の制作はぼちぼちやっているのですが(まだ編集してない動画もある)、趣味の制作はなかなか出来ておらず。

今週末は必要火急の用事で実家に寄ったのち、自宅近くの板橋区立郷土資料館でやっている「板橋と光学」展を見てきました。

もう今の部屋に住んでまもなく10年になるのですが、今回で3回目だそうで、前2回は全く見ていませんでした。

3回目、というよりどんどん内容が補遺されている感じなんですかね。

近現代の技術が「郷土」なのかなぁと思っていましたが、想像以上に板橋区各地に光学機器メーカーがあるんだなぁ、と。

旭光学時代からペンタックスは前野町にあったとか(今もか)

古いものだけじゃなくてこんな最近の機種の図面まであったり

日本電産コパルもあったり。
どんどん高速化していくフォーカルプレーンシャッターもずらっと展示されていました。X接点最速1/300秒とありましたが、α1は半分電子で1/400秒って出ましたね。

最速1/12000秒ってα-9でしたっけ。どのカメラに搭載されたシャッターかは記載がありませんでした。

もちろん大判のレンズシャッターの展示もありました。

ビューカメラのウイスタは意外とボリュームありませんでした()

恐らくペンタックス以上に力が入っていたのがトプコン。

出していたレンズ銘「シムラー」から分かる通り、志村に工場がありました。
カメラ事業撤退は昭和55年とのことですが、それ以降も出していた医療用?カメラもひょっこりいました。

コシナが復刻させたトプコール58mmの話はなかったなぁ()

あ、開放F0.75レンズの図面ならありました。

ブロニカも発祥は板橋区なんですね。
タムロンに吸収されたイメージが強いので大宮だと思ってました。吸収されたってだけですね。

ツイッターで BRONICA の I が刻印ミスされていて BRON CA になっているものがあった、というのを見ましたが、展示機はちゃんと BRONICA でした()

正直、無料の展示とは思えないボリューム感でした。しかもフラッシュ焚かなければ撮影OKというサービスっぷり。

3月まで実施されているので、カメラクラスタなら是非見に来てください。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén