railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

テザー撮影するための用意

新しいカメラを迎えるにあたり色々と揃えなきゃいけないところではありますが、今回のカメラは動画もスチルも担当する予定なので、そのどちらの用品も必要でして。

今回のカメラは(やっとこ)USB-C端子のモデルなので、ケーブルを用意せにゃならんのですが、タイプC端子は非常に面倒な存在で、ちゃんと探さないとフルスペック出せないことになっちゃいます。

タイプC端子のUSB 2.0ケーブルなんて誰が使うねんホンマに。

テザー撮影で使うのであれば、スタジオ内を這わすケーブルはある程度長さがないといけません。

ですが、現行USBで最速規格であるところのUSB3.1 Gen1およびGen2は、かかる電気の強さの関係上あまり長いケーブルを作れるように出来ておらず、2.0規格だったら10mくらいもあるのに、長くて5mとかそこらくらいです。

実際テザー撮影では5mあれば充分ではありますが、5mのケーブルは実際専業メーカーであるところのテザーツールズ社製のものくらいしかありません(厳密には450cm)。

テザーツールズ社製品は、USB-Cコネクタを採用した中判デジタルカメラにも純正用品として採用されています。それくらい信用性は高いです。

値段も。

テザー撮影の場合、ケーブルに不具合があるとPC上への記録にも不具合を招くので、撮影した画像が残せないという致命的な問題になります。

アマゾン上でもう1個、5mくらいのケーブルでなかなかの値段のものを見つけましたが、レビューとか見てるとちょっと心配ですねぇ。

なかなか使えるけど名前があまり知れ渡ってないものを見つけるのは好きなのですが、これはちょっと心配になります。

もう少し考えてみます。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén