railwayer.net

Mak Mizuno's photo and movie

Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM

キヤノンの一眼レフ用レンズのうち、APS-Cフォーマット用のEF-Sレンズシリーズで標準画角を担っているのがこのレンズ。
キットレンズを担当していたEF-S17-85mm、のちEF-S15-85mmはズーム倍率を広くしたもので、こちらは絞り口径をF2.8で通しにしたもの。

キヤノンのEF-Sレンズ全般的に言えることですが、特に初期のものは製品寿命が長く、あるいはなかなか後継機種が出てこず、このレンズも発売は2006年5月
既に発売から干支が一回りしています。

EOS 7D。2013年東京大マラソン祭りフォトコンテストに入選した作品をCapture Oneで再現像しました

当時で言うとカメラボディはEOS 20Dから30Dというところでしょうか。
大学生だった自分もEOS 20Dを使っていた当時から愛用していました。
専門学校に入り直したときに一度ソニーに乗り換えて手放してしまいましたが、スポーツ写真専攻になった2年次でキヤノンに復帰。
EOS 7Dしばらくは標準不在だったりシグマ17-70を使ったりしていましたが、就職後に買い戻し、それ以降ずっと愛機として活躍してくれています。

EOS 20D。元々のRAWの抜けが悪く、Capture Oneで現像しましたが苦労しました()

なんといってもAPS-C用として使いやすい焦点距離域と通しで開放F2.8の絞り。
「隠れLレンズ」という評価もちょくちょく見かけたモノでした。

スタジオ撮影でEOS 7D MarkIIに使用したもの。安定感半端ないです。

歪みもほどほどで写りに関しては文句もほとんどないのですが、強いて言えば埃の入り込みやすい構造。
インターナルフォーカスなのでピントを動かしてもレンズ全長は変化しないのですが、ズーミングするとやはり変化します。
ズームレンズの宿命でダストがめちゃくちゃ入りやすく、1本目も2本目も、前玉2枚目にそこそこの埃が入ってしまいOH清掃に出しています。

EOS 7D MarkII。
日本工業大学 工業技術博物館に保存されているイギリス製蒸気機関車のボイラー。一般公開時に特別の乗せてもらいました。

今となっては、歪みの少ない広角域ズームレンズがどんどん出てきていることもあり、歪みも結構気になる感じと言われるのかもしれませんが、サイズ感や重さから言っても個人的にはベストレンズです。

アダプターを介してPanasonic GH5につけてみました。バランスいいです。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 railwayer.net

テーマの著者 Anders Norén